薬剤師にはつきものの疲れ目


薬剤師の仕事内容はとても多いです。
まずは、医師や歯科医師に場合によっては獣医師からだされた処方箋にミスがないか確認します。これを処方監査と言います。
それから調剤をします。調剤は処方箋通りに薬を作るだけと思われがちですが、治療の高度化にともない、調剤は薬を作るだけでなく、重複投与の防止や薬剤服用歴の記録と管理、副作用の予防など患者さんへの服薬指導すべてを含めて調剤になります。

薬が入っている袋のことを薬袋と言いますが、その薬袋作成も薬剤師の仕事になります。
ここに書く事柄は法律で決められています。
患者さんに説明して、薬を渡したら終わりではありません。
医師が患者さんごとにカルテをつけるように、薬剤師も患者さんごと一人一人に薬歴をつけているのです。

さらに、薬の管理も薬剤師の仕事です。薬の中には麻薬や毒薬なども含まれています。
それぞれにおいて貯蔵法が決められていて、きちんと管理をしなければいけません。
また、光に当たったり、温度や湿度などで成分が分解してしまう薬もあります。薬にあわせて保存方法も変わってきます。

調剤も薬歴をつけることは、とても神経を使いますし、目も酷使します。
どうしても疲れ目になってしまう薬剤師が多くなってしまいます。
また、一人で内科や整形外科など、たくさんの診療科を受診している患者さんもいます。
そうすると、診療科ごとに医師が処方箋をだしますが、ひとつの処方箋としては患者さんに合っていても、一緒に飲むとよくない飲み合わせの薬もあります。

内科の医師は整形外科の医師がどのような薬をだしているか知らない場合があります。
そんな時、薬剤師が薬歴できちんとチェックできれば、飲み合わせのよくない薬を患者さんに渡すことがなくなります。
薬剤師の仕事はとても大変ですが、とても大切なものです。
薬は新しいものが開発されて、多種多様のものがあります。
日々新しい情報を得て、よりよい治療法や副作用の防止に努める必要があります。



 


 
Copyright (c)2011 薬剤師の仕事  All rights reserved